表情筋を鍛えよう

白いサプリメント

目元のたるみは、毎日のスキンケアでの予防が大切です。しかし、それと同時に加齢による対策も大切なポイントになってきます。目の下のたるみは、表情筋が衰えることも1つの原因です。筋肉はお腹や手足以外だけでなく、顔にも存在します。約30以上の細かい筋肉があり、他の筋肉同様で使わずにいると衰える原因になります。また顔の表情を作る筋肉なので、使わずにいるとこわばり動かなくなることもあるのです。年齢を重ねると、毎日の決まった表情を記憶されていくことになります。表情が記憶されてしまうと、使わない筋肉も増え老化していくのです。普段の表情で無表情でいることが多い人は、表情筋の衰えも早くなるでしょう。それと同時に、使わないでいる筋肉が固まってしまいます。それだけでなく無表情でいることが多いと、50代頃から無表情の線が顔に残ってしまいます。このような線が残ることは、年齢より老けた印象を与えてしまう可能性が高くなるでしょう。

年齢とともに表情筋は衰え、目の下にたるみが現れてきます。しかし、表情筋は年齢を重ねても鍛えることが出来ます。いつでも鍛えて、若々しい顔を手に入れることが出来るのです。筋肉の衰えるスピードは、年齢を重ねるにつれどんどん早くなってきます。それだけでなく、筋肉の付きづらくなってきますが、諦めずに継続して続けることが大切なポイントなのです。気になり出した時でも、筋肉を鍛え活性化させることは可能なのです。毎日コツコツと積み重ねて、いつまでも筋肉を保ちましょう。鍛える前に、ほぐすことから始めるとより効果的でしょう。簡単なエクササイズ方法が沢山あるので、毎日のスキンケアにプラスして行うと良いでしょう。